理学療法士の資格を取るなら専門業者に通おう【学費ってどれくらい】

学校ごとに異なる費用負担

治療

年間授業料や通学する年数

理学療法士の国家試験の受験資格は、専攻科のある4年制大学や短期大学、または専門学校で学ぶと、得ることができます。いずれの場合も、人体の構造や、失われた機能を回復させるための治療やリハビリについて、学ぶことになります。もちろん、足腰の弱った人の体を支える方法や、温熱療法や牽引療法の器具の扱い方など、実技面での授業も行われます。こういった知識や技術について、一通り学び終えることで初めて、理学療法士の国家試験を受験できるようになるのです。ただしかかる学費は、入学した学校によって大きく異なっています。たとえば4年制大学の場合、国立や公立だと、1年間の学費の相場は約50万円です。私立の4年制大学や短期大学の場合は、100万円ほどが相場ですが、150万円を超えているところも少なくありません。また専門学校の年間学費は、多くの場合は80万円前後となっています。夜間部を設けている専門学校もあり、この学費は多くの場合、約60万円と昼間部よりも安く設定されています。もちろん通学する年数が多いほど、学費も多く支払うことが必要となります。4年制大学の場合は最低でも4年分、短期大学や専門学校の場合は3年分を支払うことになるのです。さらにこの他に、初年のみですが入学金も請求されます。これは、国立大学でも私立大学でも専門学校でも、20〜30万円が相場となっています。このように理学療法士を目指す場合、トータルで数百万円もの学費がかかるのです。しかし理学療法士の年収は平均よりもやや高いので、多くの人が学費を先行投資として支払っています。