理学療法士の資格を取るなら専門業者に通おう【学費ってどれくらい】

奨学金制度を利用しよう

治療

奨学金の種類と概要

理学療法士になる為には、理学療法士養成課程がある専門学校や大学を卒業する必要があります。そのため、学費が負担できない場合は、理学療法士の資格を取得することは出来ません。学費が負担できない人のために用意された制度が奨学金制度です。奨学金制度には公的な機関が行なうものと、民間企業が行なうものがあります。公的な機関が行なう奨学金で最も有名なのは、日本学生支援機構が行なっている奨学金です。日本学生支援機構が行なっている奨学金は貸与型の奨学金であり、利子がまったくつかない第一種奨学金と利子がつく第二種奨学金があります。利用の際には審査があり、当然ながら第一種奨学金の方が認定される条件は厳しくなります。奨学金を利用するメリットは、経済的に苦しい家庭でも学費が負担できるようになるということです。奨学金は借金ではありますが、社会的に受け入れられやすい借金であり、利用したことで社会からの不利益を受けることはありません。返済も本人が就職してから開始される為、学校に在学中は勉強に集中することが出来ます。金利には変動がありますが、奨学金の金利は最高3%までと決められています。医療機関の中には理学療法士を確実に確保するために、学校に通う学費を負担する奨学金制度を行なっているところがあります。利用条件は、資格取得後の一定期間はその医療機関で理学療法士として働くことです。勤務することで返済が免除されるケースもあります。